北竜町ホーム>北竜消防トップ>お知らせ 最終更新日:平成31年 2月 1日
平成31年10月1日からすべての飲食店に消火器の設置が義務付けされます

 はじめに



  平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災を受け、今まで消防法令で消火器の設置義務がなかった延べ面積150u
  未満の飲食店にも消火器の設置が義務付けされました。


 ●改正内容

  改正前〜建物全体の面積が150u以上の飲食店に消火器の設置義務あり。

  改正後〜建物全体の面積が150u未満で、こんろなどの火を使用する設備又は器具を設けた飲食店に消火器の設置義務あり。
        ただし、こんろなどの火を使用する設備又は器具に防火上有効な措置が講じられている場合は、消火器の設置が必要
        ありません。
        ※建物全体の面積が150u以上の場合は、従前から設置が必要です。


 ●防火上有効な措置

   1.調理油過熱防止装置(Siセンサー) 〜 鍋等の温度の過度な上昇を感知して自動的にガスの供給を停止し、火を消す装置

   2.自動消火装置 〜 厨房設備等における温度上昇を感知して自動的に消火薬剤等を放射することにより、火を消す装置

   3. その他、危険な状態の発生を防止するとともに、発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置(圧力感知安全装置等)


 ●施行日

   平成31年10月1日から

   【消防予第246号】 消防法施行令の一部を改正する政令等の公布について(1304KB)
   【消防予第247号】 消防法施行令の一部を改正する政令等の運用について(2051KB)

 
 消火器の点検・報告

   
  今回の消防法令の改正により、新たに設置した消火器は、6カ月ごとに点検し、1年に1回消防署に報告することが義務となります。
 
   〇機器点検:6ヵ月に1回

   〇点検報告:1年に1回 

   【一般財団法人 日本消防設備安全センター】 あなたのお店に消火器はありますか?(2,434KB)
 
 
 さいごに




  ご不明な点がありましたら、深川消防署北竜支署予防係までご連絡ください。 電話0164-34-2200  FAX0164-34-4009



   トップページへ戻る